読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポップカルチャー偏愛記

なんだかんだで結局J-POPにどっぷり浸かり救われながら日々を送る28歳女子の、切々たる日々に触れるすべてのポップカルチャー(主にジャニーズ)についての記録

【前回の更新から1ヶ月あいたので】この1ヶ月のいいこと悪いこと/ジャニごと非ジャニごと

J-POP NEWS SMAP Sexy Zone 山下達郎 ジャニーズ Hey! Say! JUMP 宇多田ヒカル

ご無沙汰しております。

書きたいことはたくさんあったのに、時間だけが無情にも過ぎていき、いつの間にやら1ヶ月も更新のないままにしてしまいました。

それを片付けないと次に進めないので、すみませんがちょっと一気に箇条書きにします(ジャニごとと非ジャニごとが混在しています)

 

  • 日本テレビ『変ラボ』の最終回がすばらしいまとめ回だった

シゲアキ氏のコメントに注目したり、慶ちゃんの裸体をまとめてくれたり、まっすーの「です」事変に結論を与えてくれたり、手越さんのVS科学技術回第2弾を賞してくれたり、まさに至れり尽くせりでした。

鑑賞後爽やかな感動に包まれましたし、まさに2016年夏のNEWSの躍進ここに極まれり、といった感じ。

わたしは『変ラボ』の終わりとともに、苦しくも楽しく、充実していた2016年夏に終止符を打つことができました。

ありがとう変ラボ。DVD待ってるよ。いつか戻ってきてね。

 f:id:chatnoirpop:20161018233124j:image

chatnoirpop.hatenablog.com

 

 

  • SMAPファンクラブ会員に届いたCDデビュー25周年記念グッズがとてつもなかった

f:id:chatnoirpop:20160917233334j:plain

こんな立派な写真集が届くとは思っていませんでした。そして25周年という時の長さと、わたしがはじめて好きになったアイドル中居正広の、わたしのなかでの存在感の大きさを感じました。20代の中居くんのかわいさたるや。というかみんなかわいい。今、Sexy Zoneが「顔面偏差値高い」と言われているけれど、偏差値でいうならSMAPだって全然負けてない、っていうかむしろ高い。あまりにみんながマルチに活躍しているので、SMAP=ジャニーズアイドル、という事実を忘れることが多いような気がする。それをこの写真集で思い出しました。家宝にします。

 

chatnoirpop.hatenablog.com

chatnoirpop.hatenablog.com

 

ジャニ友たちと、とあるカラオケ屋のデュアルモニタールームで観たんですがすごく良かったです。

わたしこのコンサートは代々木に観にいって、わたしにとっては人生初ジャニコンだったんですが、その割に結構冷静に観ていた自分を感じていて(とか言いつつ冒頭でケンティーのおこぼれ投げキッスを受けて終始ケンティーを見つめていた)、あれ、わたしNEWSのライブDVD見すぎて目が肥えてるのかな、などと思っていましたが、綺麗な映像で改めて観てみるとわたしってばすごくいいグループの、すごくいいコンサートを観たんだな、と改めてチケットを当ててくれたジャニ友に感謝をしました。

ケンティーの汗の量や風磨っちのたまに見せるふわっとした笑顔、勝利くんの眉間のしわやマリウスくんのウインク、そして聡ちゃんのセクシーな表情など、ライブ映像の醍醐味っていうのは遠くから見ていた一挙手一投足が間近で見れることだよね、と改めて実感しました。

メンバーのソロアングルも収録されていて嬉しい。聡ちゃんとケンティーしか見てないけど、2人の抜かりなさに胸キュン。

そしてライブではなんか笑っちゃうな、とか思ってた勝利くんと健人さんが火花を散らしあう「New Day」のパフォーマンスに釘付け。

ちょっとあまりにいいんで、自分で買うか改めて友達に見せてもらうかしてから詳しく見どころなど書きたいと思います。

それにしてもSexy Zoneっていいグループ。ライブで聡ちゃんとケンティーのフォトセットと、ヘアゴム買っといてよかった!(結構しっかり買ってた) ベストアルバム初回盤も予約完了してるよ!

 

chatnoirpop.hatenablog.com

 

  • 山下達郎のライブチケットが当たったのに、写真付き身分証明書の原本がなくて入場を断られた

これ、ここ数年で一番ショックでした。今月頭に新宿LOFTであったライブです。

せっかく自らの運で当てたっていうのに、身分証明書(写真付き)がないと入場は認められない、と突っぱねられました。

いやー、いまだに信じられません。日本の音楽業界はここまで頭が堅いらしい。あまりにチケットの転売に気を揉みすぎて、純粋なファンの純粋な気持ちを踏みにじっているわけです。それって本末転倒じゃないでしょうか。

完全に自業自得だろ、と思う方もいるかもしれませんが、わたしは自分が悪いとは一切思っていません。音楽を楽しむ場にわざわざ身分証明書(しかも写真付き)(しかも原本)を持っていかなければいけない設定をおかしいと思いますし、そういう設定をしておきながら忘れた人間に対する救済措置を一切用意していない主催者はあまりにひどいと思っています。

というわけでメールで抗議したんですが納得のいく返事はまだ返ってきていません。うやむやにはさせないぞ。

転売問題って難しいけれど、どうにかすべての人がハッピーになる解決法はないものだろうか。

そして今回の件でヤマタツにもちょっと悪い印象を抱いてしまい、一人でボイコット中です(ヤマタツの曲を聴かないようにしているだけ)

あー、楽しみにしてたのにな…… (思い出すと泣ける)

 

ちなみにわたしは保険証と、携帯に入っていたパスポートの写真ページの画像を見せたけれどダメでした。ご参考まで。

 

chatnoirpop.hatenablog.com

 

みなさんすでに聴かれているかと思いますがすごすぎますよね。

ここまですごいとは思ってなかった。

歌詞、アレンジ、メロディ、歌声、どれをとっても抜きん出てる。そしてそれぞれがどう、というよりも、ここまですべてが一体となった「音楽」はわたしは知りません。

身体の中にあたたかい雨が降って、土がしっとりと湿り、そこから何かが芽吹くのを感じるような、そういう不思議な感覚を得ました。肌から浸透するような。

ちょっとこれは2010年代の大傑作だと思います。

先に発表されていた2曲もやっぱりすごいんだけど、わたしは「道」が大好きです。メロディは完全に宇多田ヒカルなんだけど、なんだろうこの異次元感。そしてビートにわたしはUnderworld感を感じます。踊りたい。歌詞も、春に祖父が亡くなったときにわたしが感じたことが完全にオーバーラップする。たぶんそういう人多いと思う。日本人的感覚というか。

あとは「ともだち」。この曲も好き。これは歌詞に共感するっていうのもあるけど、やっぱりサウンドが非常にかっこいい。最初は宇多田ヒカルには割とよくあるタイプのサウンドかな、って思うんだけど、ブラスが入ることによって一気に曲が引き締まるし、体温が生まれるし、はじめて聴くサウンドに思えてくるから不思議。

これは完全に次のレベルに行っちゃってるやつです。宇多田ヒカル興味ないって人もこれだけは聴いたほうがいい。

 

Fantome

Fantome

 

 

  • 海外旅行に行ってきました

f:id:chatnoirpop:20161016221059j:plain

楽しかったです(無駄な報告)

 

まさかの関東ローカルチャンネルで見れることを最近知りまして、毎週録画を始めました。もう10年もやってるんだね!長寿番組!

 

chatnoirpop.hatenablog.com

 

 

  • カウコンのためにホテルを予約しました

遠くに住んでるJUMPファンの友人が、JUMPの年末年始のコンサート(今年はKinKiは大阪なんですね)のために遠征するっていうので、わたしもそれに乗じてちゃっかりホテルを予約しました。まあカウコンのチケット当たらなかったらみんなでホテルでテレビを囲みながらセルフカウコンしよう、という話をしております。

 

chatnoirpop.hatenablog.com

 

 

 

とりあえずこんなところでしょうか。

長々と&適当な感じで失礼しました。

というわけで次回からは通常営業ということでちゃんとした記事を、なるべくあいだを開けずに書いていきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

(あいだをあけすぎて文章の書き方がわからなくなっている)