ポップカルチャー偏愛記

なんだかんだで結局J-POPにどっぷり浸かり救われながら日々を送る28歳女子の、切々たる日々に触れるすべてのポップカルチャー(主にジャニーズ)についての記録

ハロウィンのNEWSを見てはじめてハロウィンの意義を知る

いやー……

やっぱりNEWSだわ!!!

 

皆さんご覧になったと思いますが昨日のTBS「ハロウィン音楽祭」!

ハロウィン仕様のNEWSさん、本当に最高でした! 一曲目「チャンカパーナ」のイントロで叫んだ。

 

だって4人が!本気を!出している!!

 

まっすーは世の女子を虜にする前髪センター分け(あの前髪のまっすー本当好き)にお似合いの巨大王冠でしっかり増田王子だし、慶ちゃんはほっぺたに「Love」であざとさ100点満点だし(そしてどこかで見たことある帽子だと思ったらウェルセクコンの風磨氏と同じだし)、手越さんはブルーアイ&デコ見せであの伝説のライブ『White』の再現だし、シゲさんは黒マント&デコ見せ&アイメイク(わたしはそれを見て「安全地帯!」と叫んだ)でヴァンパイア感半端ないし、もう完成度すごい。ありがとう。

 

そして2曲目が「BYAKUYA」!

少プレでこの曲を選んだのはハロウィンへの布石だったのか…!? まさか地上波でこの曲を聴ける日がくるとは……!

Jr.くんたちも揃っていて、NEWSさんたちの本気を感じました。

そして最後、4人が振り返ったときにシゲがヴァンパイアの歯を装着していて、わたしは思わず「シゲアキ!!」と叫びました。

シゲのことをこんな風に下の名前で呼んだのははじめてです。わたしはそれほどまでにシゲのヴァンパイア姿が好きだし、しかもDVD『White』の「BYAKUYA」を見て割と壮大なヴァンパイアストーリーの妄想を広げていたわたしにとっては(参考:DVD『White』の「BYAKUYA」でシゲの魅力を再確認、そして妄想がふくらむ - ポップカルチャー偏愛記)、本当に夢が叶ったような気分でした。ありがとう。(2度目)

 

そしてメンバーよりも前にTBS入りしたテゴちゃんの気合の入り方、さすがです。

「せっかくハロウィンでBYAKUYAやるならさ、本気で仮装しようよ」「俺海賊ー♩」とかいうテゴちゃんに他3人が引っ張られる様子が浮かび微笑ましいです(それでも準備してたら結局楽しくなって気分が乗ってルンルンしてくる慶ちゃんとシゲの様子さえ浮かぶ)。頑なにメイクをしないまっすーは非常にまっすーらしい。

好!き!

 

 

それにしても今回のハロウィン音楽祭、ジャニーズグループたちの選曲が非常によくてわたし大満足。

わたしは、地上波の番組に出るときはファン以外の一般視聴者を意識する必要が絶対にあると思っているので、いわゆる「みんなが知ってる曲」は必須だと思うんです。

だけど、NEWSの場合はやっぱり4人以降の曲をやってほしいなあという欲目があるので、「weeeek」や「NEWSニッポン」ではなく「チャンカパーナ」が選ばれてうれしかったです。

そもそもわたし「チャンカパーナ」はたぶん一生好きってくらい好きな曲なので。

チャンカパーナよりキャッチーなフレーズをわたしは知らないし、NEWSを知らない人が流し聴きしていたとしても、必ず頭のどこかにひっかかるはず。それが大事なんですよね。次回、「あ、チャンカパーナの人だ」と思われて目を留めてもらう、まさにフックになれる曲です。

この夏の大躍進は目を見張るものがありましたが、嵐みたいにグループ名だけでそのパフォーマンスを見てもらえる存在になるには、まだあともうちょい時間がかかるのかなという気がしています。

キャッチーという意味では「チュムチュム」でもいいけどコンセプト強すぎてハロウィンとケンカしちゃうから今回はダメでしたね。インドのあれはコスプレじゃないからね。ガチだからね。というわけであれは来年の夏に期待(とはいえそこまですごい聴きたいかと言われればそうでもない)

 

そして2曲目に「BYAKUYA」という喜び!!

まさに、「シングル曲で耳目を集め、アルバム曲を聴いてもらってNEWSの魅力を知ってもらう(→そして願わくばライブに来てもらう)」というNEWSがてっぺん取るための理想の道筋(※わたしが勝手に言ってるだけ)にいざなっているではないですか!!

元祖王子ミッチーも「BYAKUYA」の世界観褒めてたし、これは新規ファン獲得に多大なる効果を発揮したと思いますね!これから「BYAKUYA」出のファンも増えるんじゃないかと思いますね!(興奮している)

 

 

セクゾの「Sexy Summerに雪が降る」もそういえば久々に地上波で聴いた感じがしてうれしかったです。たぶん「夏でも冬でもないのになんでこの曲…? てかこの曲季節いつ…?」と思った一般視聴者は多いはずなので、この曲の真意は曲後半の勝利くんのセリフで言われている「一年中愛してるよ」にあることを念のため改めてここで述べておきます。

 

A.B.C-Zの「Za ABC 〜5 stars〜」もチャンカパーナ的に強い曲だと思います。曲も歌詞もキャッチーだし、アクロバットも入れられるし、グループの名刺がわりの曲ですよね。

で、そこまでは予想通りだったんだけど、まさか2曲目に「Fly a Flag」が来るとは…!!

この曲少クラでやってたときめっちゃかっこいいと思ったんだよ!(屋良っちが振り付けしたって曲だよね?違ったっけ?)

この曲はクールに、ガッシガシに踊るA.B.C-Zが見れるんですが、とにかくもうわたしは塚ちゃんに釘付けでした。

「Za ABC」で見せた彼の代名詞ともいえるアクロバットやしなやかな体躯、弾ける笑顔こそ塚ちゃんって感じがするけども、「Fly a Flag」の塚ちゃんのセクシーさやばい。あのキュートなメイク含めもはやセクシーさしかない。

特筆すべきはAメロの「いつかの僕が残す声」部分。なにあれ、塚田さんってそんな顔もできちゃうんだっけ……と愕然としました。

わたし、どうも自分に塚ちゃんびいきの傾向があることは認識していましたが、「塚田僚一のことまだまだ知らないじゃん……」→「もっと知りたいじゃん……!」に変わりつつあります。やばい。

あとハットリくんごっちもかわいかったです。

 

 

キスマイは衣装の急なドンキ感にびっくりして曲を覚えていない(マジ)

けど衣装をそういう感じで揃えてくるっていうところにバラエティ魂を感じましたし、「Momm!」でTBSに出慣れているからか、スタッフさん側も舞祭組のイジり方を承知してるというか、すごくいいかたちでいじってくれてる感じがありました。舞祭組の4人は愛されてる感が出てた。

やっぱりスタッフさんに愛されるっていうのは大事ですね。日テレとNEWSとの関係のような。

あとニカちゃんがめっちゃかわいくて驚いた。MVのときよりかわいくなってるんじゃない? ツアーの成果ですかね。

 

 

あ、そういえばSexy Zoneの衣装についてコメントし忘れてた。

とにかく「るろうに剣心的ケンティー」一択。

最高。萌えるってこれかと思った。

でも全体的にはセクゾさんはもっと思いっきり仮装をしても良かったんじゃないかとも思いますね。なんならコンサートとかの衣装より全然地味じゃん! 似合ってたけどね!

 

 

というわけで本当にいいハロウィンだった(ちなみに自分はハロウィンぽいこと何もやってないし、むしろやったことない)

 

年末の音楽番組ラッシュも楽しみ!

本気のNEWS、また待ってるよー!愛してるぜー!