読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポップカルチャー偏愛記

なんだかんだで結局J-POPにどっぷり浸かり救われながら日々を送る28歳女子の、切々たる日々に触れるすべてのポップカルチャー(主にジャニーズ)についての記録

【裸眼の私が語る】「コンタクトのアイシティ」CMには小山慶一郎の魅力のすべてが詰まっている

ジャニーズ NEWS テレビ

ああ、本当に最高のCM。何をしていても作業の手を止めて見入ってしまう至福の15秒。

(未見の方は以下よりどうぞ) 

www.eyecity.jp

 

慶ちゃんの魅力がここまで溢れているCMを制作したのはいったいどこのどなたですか。いったいどこの小山担ですか。わたしから栄えある「コマーシャル オブ ザ イヤー」の称号を捧げます。おめでとうございます。

 

というわけで慶ちゃんを起用したコンタクトのアイシティのCMのどこがそんなにいいのかを、生まれてこのかたコンタクトはおろかメガネもかけたことがない、視力の良いわたしが語らせていただきます。

 

慶ちゃんといえば、「平日キャスター、週末アイドル」。

日テレの社員証や名刺まで持っている彼は、とにかくスーツが似合う

ただ単に、衣装としてスーツが似合う、というのではなく、リアルに似合う。

また、同じキャスターでも、おぼっちゃま感、将来を期待された幹部の息子感がどうしても漂う櫻井翔さんに比べると小山さんにはだいぶ庶民的なイメージがあるため、こういう男性社員いる! マジでいる! 何なら隣の部署にいる!(あそこまでかっこいい男性社員は実際あまりいないんだけれども)と思わせることができる、という意味で似合うわけです。

一般的にキラキラなジャニーズのみなさんは、スーツを着てもホスト感が出たり衣装感がぬぐえなかったりするわけですが、キャスターとして普通の会社員と同じくらいの時間スーツを着用している慶ちゃんは、完全にスーツを自分のものにしています。

 

そんなキャスター小山慶一郎が、夜、人気のないオフィスにひとり残り、元カノとの幸せいっぱいの動画を眺めている、それが本CMの設定になります。

注目すべきは、そのとき、

右手でネクタイを緩めるそのしぐさ

デスクの電気を消してからの、「ラーメン食べて帰ろ」の低いつぶやき!!

無造作にまくられた両袖!!!

どれもこれもたまんねえんだわ!!!

 

「誰もいない夜のオフィス」という半分オン、半分オフ、みたいなシチュエーションで、普段カメラの向こうでびしっと着こなしているスーツも少しゆるめて、一息ついている慶ちゃん、その「隙」のある姿に尋常じゃないエロスを感じるのは私だけでしょうか?

これまでも、歌声とか所作とか腰骨とかに小山慶一郎の生々しさを感じてはドキドキしてきたわけだけれど、このCMでは、慶ちゃんの働く男としての「生々しさ」や「隙」が最大限に顕現していて、ひいてはそれがエロスを生んでいるとわたしは思いますね。

ああ……それをCMで流してしまうなんて……だめよ…だめだめ……(古)

 

そんな「生々しさ」は、つまりキャラクターをリアルにするというか、「ひとりの男」感をすごく際立たせるというか。

つまりわたしは、彼の日中の仕事ぶりや、上司や同僚とのやりとり、電話を取る姿、残業後にラーメン屋で麺をすすっている様子、そのあと電車に乗って帰路につき、最寄駅の遅くまでやってるスーパーで野菜やらなんやらを買って、割と小ぎれいにしている部屋に戻る、みたいな、このCMで切り取られている15秒以外の彼の生活までもが想像できる、というか想像したくなる

すべてのディテールに、わたしのなけなしの想像力さえもがかきたてられる、本当にすばらしいCMなんです。

 

 

あー、もしわたしが慶ちゃんの後輩ならなんて声をかけようかな(急に妄想が始まる)

 

わたし「あっれー小山さん! まだ残ってるんですか? いつも早いのに珍しいですね。なんかできることあったらわたし手伝いましょうか?」

慶ちゃん「(焦って携帯をしまいながら)いや、もうねーあと3分で終わる! それよりこれからラーメン食い行かない? 俺、超おなかすいちゃって……(とつらそうにお腹をおさえる)」

わたし「あー!いいですね!行きましょう!」

慶ちゃんじゃあと3分待って!

 

くらいの軽い&大げさなやりとりからだろうなーやっぱり。

そしてそんなのを繰り返しながら、冬になっていよいよ寒さのせいにして徐々に心と体の距離を縮め、クリスマスまでに彼氏になってもらうという流れだなこりゃ(何)

 

 

で、残業の合間に人気のないオフィスで彼がなんの動画を見ているかというと、去年のクリスマスに、彼女と撮ったイチャイチャ動画。

慶ちゃんの部屋と思われるクリスマスの飾りつけされた部屋で、パーティ用の三角帽をふたりでかぶって、スパークリングワインのグラスを傾けながら、クラッカーを鳴らすそのビデオは、まさに幸せの極み! そしてダメ押しは「来年も一緒にいようね、絶対だからね」という彼女の言葉。(ただ、慶ちゃんのリアル彼女はこんなに清純派ではないだろう、という確信に近い想像)

ねえわたしこんなクリスマスいまだかつて過ごしたことないんだけど! ねえ!(聞いてない)

 

仕事場の慶ちゃんだけではなく、こういうかたちで完全にオフの慶ちゃんもインサートしてくるんですよこのCMは! いやーーさすがだぜ! うまいぜ! ニクイぜ!!

 

 

ちなみにわたしもここ2カ月くらいですかね、動画っていいな、と急に気づき、携帯で動画を結構撮り始めるようになったんです。

だから疲れたときとか、ふとした瞬間に過去の動画を見るっていうそれ、めっちゃわかる。わたしも楽しかったときの動画を見てひとりで笑ったりしているし、願わくば自分の彼にも、ふたりで撮った動画とかをたまに見返して元気になったりしててほしいとか思う(急に何)

元カレが未練タラタラで自分との動画を見ていると思うとちょっと引くけど、慶ちゃんの場合は「未練のせい」ではなく、コンタクトを変えたために動画の見え方がちょっと違うだけだ、と気づくだけなのでかまいません。

あー彼氏にしたい。一緒に動画撮りたい。一緒に昔の動画見返してケラケラ笑いたい。

 

さて、ここまでは「仕事場(キャスター)の慶ちゃん」、そして「オフの慶ちゃん」でした。

だけど小山慶一郎っていう人は、本来、まごうことなきアイドルですよね。

 

参考:見よ、このキラキラな微笑み!!

f:id:chatnoirpop:20160630132344j:plain

 

その側面もCMの制作者さんは忘れていなかったんだよなー。抜かりないよなー。

そう、普通の若手俳優ではなくジャニーズの小山慶一郎が選ばれた理由のひとつ、それはCM中に「歌」が歌われることです。歌唱はアイドルの要!

 

そして慶ちゃんの声で「♪君との思い出が今日は輝いて見える/僕の未練のせいかな」なんて歌われた日には!!! ねえこれ音源欲しいんですけど!!

悲恋系ソングは慶ちゃんの得意とするところだし、キーも慶ちゃんに合ってるようで歌声に苦しさがないし、慶ちゃんらしい甘くて切ない歌声が聴けるし、短いながら完璧なフレーズなんだよ……脱帽。どこの小山担が作詞作曲したのかな?

 

 

最近、ジャニーズwebの慶ちゃんの連載「メンバー愛」で、慶ちゃんが歌について、自信もないし凹んだりするけど頑張るから見守っててくれ(雰囲気)と書いていました。そしてわたしは、その等身大のアイドル感に改めて慶ちゃんへの好感度が上がりました。

なにを隠そうわたしもこのあいだのベスアの記事*1で、歌唱については「慶ちゃんもっと頑張れ」って書いたクチなので、気にしてたならごめん(でもがんばれ)、ってあの日の慶ちゃんの言葉を読んだときに思ったんだけど、歌について努力しなきゃいけないっていうのは本人が一番わかってるようだ。

わたしは好きになると割とすべて受け入れる派なのですが、歌については慶ちゃんは絶対まだまだ伸びしろがある。もっとできる。そして慶ちゃんの歌唱のレベルが上がれば、まちがいなくNEWSというグループのパフォーマンスレベルもさらに上がる。わたしはそんなNEWSが見たい!!

というわけで慶ちゃんの歌唱については、これからも厳しめに注視していきたいと思います。がんばれがんばれ!

 

と、ちょっと話題がズレましたが、とにかく慶ちゃんをCMで歌わせてくれてありがとう、ということでした。

 

「仕事の小山」「オフの小山」「アイドルの小山」と、これまで慶ちゃんの社会的役割の側面について語ってきましたが、この身体的側面も本当に大事な要素だと思います。

つまり、このCMは、「コンタクトのアイシティ」さんのCMなんです。

コンタクトのCMに出るとなると、その目がクロースアップされるのは当然なんです。

そして、小山慶一郎の目は、

 

f:id:chatnoirpop:20161212232737p:plain

 

綺麗な一重なんです!!! 

 

ジャニーズでここまではっきり一重ってめずらしいですよね。

最近は二重の日が続いているようだ*2けれど、「小山慶一郎=NEWSの一重の人」という世間的なイメージは小さくないようで、わたしは実際知り合いが慶ちゃんについて「あー一重の人ね」と言っていたのを耳にしたことがあります。

 

そしてわたしは問いたい。

コンタクトのCMで、一重のタレントが起用されたことってかつてあるのでしょうか。

よく考えてみたら、ないんじゃないでしょうか。

コンタクトや目にまつわるCMには、だいたいぱっちり二重で目力があるようなタレントさんたちが起用される印象があります。もしかしたらそもそも一重のタレントさんっていうのが少ないのかもしれないけど。

それが、小山さんの目は綺麗な一重なんですよ(二度目)

すごくないですか

 

こんなにもクロースアップされた一重をテレビの画面で見た記憶は、わたしにはありません。いやでも世の中二重の人だらけじゃないですからね。コンタクトを使用している一重の人間なんて相当数いますからね。なのにテレビでは二重の人ばっかり出てるっていうのがおかしい話ですよね。

制作者側は、一重だから逆にいい、と思ったから慶ちゃんを起用したのか、あるいは一重だろうと別にいい、と思わせるほど慶ちゃんに他の魅力を感じていたのか。わたしにはその真意を慮ることはできませんが、慶ちゃんのこのCMの場合はすべてがプラスの方向に働いている、それは間違いありません。

 

もしかしたら、わたしが感じる慶ちゃんの「生々しさ」はもしかしたら主にこの一重まぶたから生まれているのかもしれない。

この目でいつも原稿を読んでいるんだな、この目でいつも携帯の画面を見つめているんだな、この目にはいつもコンタクトが装着されているんだな…… 先ほどもスーツ姿を見て妄想が広がりましたが、この一重の目を見るだけでもいろんな方向にわたしの思考は飛んでいきます。その結果、元々15秒とは思えないほどの情報量がわたしの脳内に飛び交うことになり、小山慶一郎の人としてのリアル感がいよいよ迫ってくるわけです。

つまりこのCMにおける小山慶一郎のキャラクターの造形に、この一重のクロースアップのカットが多大に寄与しているわけです。

 

わたしは一重フェチもスーツフェチもありません。だけど、このCMの慶ちゃんだけは彼氏にしたいと心から願います(そればっかり)

 

最後はこれ。

ハイグレードコンタクトは、種類豊富なアイシティで。

 

そうやって宣伝文句を読む慶ちゃんの声は、前半で流れた歌声とも、「コンタクトを変えたせいだ」とカメラ目線でいうセリフの声とも違う、聴きやすく普段よりも少し高めの「キャスター小山慶一郎」の声です。

こんなに声色を変えられるなんて、慶ちゃんすごくない?

CMにおける宣伝文句ってやはり大事だから、俳優さんじゃなくてプロのナレーターさんや声優さんに当てられることも多いけれど、そこを任される慶ちゃんって、超すごくない?

そして俳優であり、キャスターであり、アイドルである小山慶一郎って、超ステキじゃない???

ていうかわずか15秒のCMで、慶ちゃんの魅力がこんなに詰まってるって超すごくない?  すごいよね?!

そういうわけで、わたしはこのCMが流れるといつもしっかり凝視しちゃうし、このCMを見るたびに慶ちゃんが好きになっているのです。

 

 

小山慶一郎初めてのソロCMが、こんなにも慶ちゃんの名刺がわりになるような作品に仕上がったのは、ひとえに慶ちゃんのこれまでのがんばりゆえ。がんばっていれば、見てくれている人はいるんだよな、と改めて思いました。

そして繰り返しになりますが、慶ちゃんにこんなすばらしいCMのお仕事をオファーしてくださったすべての関係者の皆様にお礼申し上げます。

私自身はコンタクトは装着したことがなく、将来老眼になったとしてもメガネだろうから一生コンタクトに縁がないタイプの人間ではあると思っておりますが、コンタクトならアイシティがいいよ、と地道に周りに宣伝させていただく所存でございます。そうやって御社への感謝の念をお返ししていきたいと考えております。どうぞ今後とも小山慶一郎とNEWSをよろしくお願いいたします。

 

 

 

さて、NEWSファン待望のライブDVD『QUARTETTO』の発売も間近に控えております! わたしは今日さっそく渋谷でアドトラックに遭遇しましたよー! うれしさー!!

ワタクシごとですが、ちょっと今週末は関ジャニ∞さんのライブに初参戦するもんで(ワクワク感やばい)、ちょっとそれまでは関ジャニDVDにかかりきり生活を送るため四重奏DVDはすぐには拝見できません。みなさんの感想も自分の目で見るまで我慢…… でも本当に楽しみです。

 

あー、師走たのしーい!!(クリスマスはバイトだけどー!)(カウコンはずれたけどー!)

 

 

*1:

chatnoirpop.hatenablog.com

*2:ここ最近の「メンバー愛」より