ポップカルチャー偏愛記

なんだかんだで結局J-POPにどっぷり浸かり救われながら日々を送る29歳の、切々たる日々に触れるすべてのポップカルチャー(主にジャニーズ)についての記録

ジャニーズ好きがCharli XCX「Boys」のMVを見て魅力に悶える(でも結局ジャニーズの話)

Charli XCXちゃんの新曲「Boys」のMV、皆さまご覧になったでしょうか。

 


Charli XCX - Boys [Official Video]

 

彼女自身が監督したというMVには、音楽界における今をときめく(←別にそうでもない人もいる気もするけど一応)〈ボーイズ〉たちが総勢60名以上も登場。

女子のさまざまなフェチをくすぐる格好やらシチュエーションやら表情やらを見せてくれており、たとえそれらのボーイズを誰も知らないとしても絶対にひとりはお気に入りを見つけられるような、一日に一回は観たくなる秀逸なMVです。いやうそです、一日に一回じゃ収まらない。中毒性ありすぎ。

 

おそらく日本ではONE OK ROCKのTaka(わたしにとっては永遠に元NEWSの森内くん)とEXILEのSHOKICHIという方が出演しているのが話題になっているのかなと思いますが、さまざまなシチュエーションのなかにおかれたあらゆる人種、あらゆる音楽ジャンル、あらゆる体型、あらゆるファッション、あらゆる表情のボーイズたちが、3分弱のポップスとともにどんどん流れてくる様子は、たとえば辞書で〈ダイバーシティ〉〈多様性〉という言葉を調べたときにその説明の末尾に〈Charli XCX「Boys」参照のこと〉と書かれていてもまったく納得できるし、ほんとこの時代を象徴する、というか象徴すべきエピックなMVだと思いますね。もはや感動さえ覚えます。

 

しかし正直なところ、出てくるボーイズたちみんな本当にかわいくてステキで、それぞれ魅力があってきゅんきゅんが止まりません。そう感じるのはわたしだけじゃないはず。

そこにはキャスティングの妙もあるのかなとも思いますが、やっぱり最高なのはシチュエーション設定じゃないですかね。うわー!女子のツボついてるー!感がすごい。萌えの宝庫。こういうのにぐっときている自分を思うと、女子のセンスっていうのは国境を越えるんだと実感しますね。すてきなMVをありがとうCharli XCX!

 

というわけで以下、わたしが好きなボーイズモーメントを紹介させていただきます。

1) Joey Bada$$の作るハートマーク

f:id:chatnoirpop:20170730160159p:plain

0:11 

 

かわいいよねえ…… 男の子が手でハートマークを作るのって本当ずるいよね…… しかもそのハートマークの向こう側からのぞき込んでくるなんてもう安易に好きになるよね……*1

大きな手で作る無骨なハートマークっていうのがいいんだろうな、と、これまでのわたしのブログ記事から判明した自分のフェチから推察します*2

 

Joey Bada$$くんに関しては、おそらく20代のクレバーかつメッセージ性の強いラッパーを代表する存在だろうと思うんですが、これまで数曲しか聴いたことがなかったんでこれを機にもうちょっとちゃんと聴いてみようと決意しました。ありがとうCharli XCX!

youtu.be

 

2) 犬とボーイズ

f:id:chatnoirpop:20170730162604p:plain

Tinie Tempah 0:48

f:id:chatnoirpop:20170730162721p:plain

f:id:chatnoirpop:20170730162737p:plain

Diploさん 1:16

f:id:chatnoirpop:20170730162758p:plain

Khalidくん 1:57

 

これもず!る!い! もーほんとかわいい。むり。多幸感しかない。

自分の顔の近くに犬の顔持ってきちゃうのってなに?人間の本能なのかな?ディプロさんは確信犯な感じもしますがね。

毛染させられた犬はわたしは好みませんが、Khalidくんのこんなかわいい笑顔が観れたのでひとまずよしとします。

これも、男の人の筋骨たくましい腕ふわふわむちむちの犬をぎゅっと抱きかかえているその対比にわたしはぐっと来るんだと思います。特にこの3人はみんな男らしい顔と格好をしているので、その対比が一層際立つ。

たとえば手越さんが犬を抱きかかえてふにゃーとした顔で笑う様子もほんとうにほんとうにかわいいのだけれど、あれはこの3人に感じる萌えとは違う種類ですよね。

 

このなかだったら最近Khalidくんはよく聴いていたのだけれど、タイニー・テンパーくんは存じ上げなかった。世界で売れているロンドン出身のラッパーって珍しいんじゃないかと思います。しかも同い年!というか誕生日近い!(←割と誕生日を重視するタイプ*3) 

この曲↓とかかっこよかったのでこれからもうちょっと掘ってみようと思います。


Tinie Tempah ft. Jess Glynne - Not Letting Go (Official Video)

 

3)  わちゃわちゃボーイズ

f:id:chatnoirpop:20170730165247p:plain

Chromeo 0:18 その他

Chromeoおじさんたちがふたりでピローファイティングをしている様子のほほえましさやばい。羽根がふわふわとあたりに漂ってちょっと幻想的になるのやばい。スローモーション正解。

てかChromeoって超久しぶりに見たな!なんなら今も活動してるの知らなかった!ごめん! アルバム『Fancy Footwork』は当時よく聴いてました。カナダ出身なので国に多様性を持たせるためのセレクトかなと思ったり。

 

f:id:chatnoirpop:20170730170410p:plain

WSTRN 0:53 

こちらもロンドンベースの3人組。みんな違う彩度のピンクを着てるのもかわいい。

 

f:id:chatnoirpop:20170730170834p:plain

THEY. 1:39

LA出身2人組。最初はバット持って鋭い眼光でカメラを見つめてくるんで、お、なんだ、怖い感じか、と思ったらなんかピンクとかキラキラの紙吹雪とわちゃわちゃしてるだけなんでほっこりしました。こんなふうに、ごついボーイズとポップでハッピーなグッズとのかみ合わなさに逆にかわいさを感じるってあるよね。

 

4) ナチュラルスマイルボーイズ 

f:id:chatnoirpop:20170730171317p:plain

Dan Smith (Bastille) 0:39

f:id:chatnoirpop:20170730171333p:plain

Tristan Evans and James McVey (The Vamps) 1:27

f:id:chatnoirpop:20170730171348p:plain

Vance Joy  2:17

f:id:chatnoirpop:20170730171405p:plain

Stormzy 2:19

f:id:chatnoirpop:20170731154731p:plain

Aminé 0:31

f:id:chatnoirpop:20170731161059p:plain

Charlie Puth 2:32

 

キメキメのボーイズたちのなかで、こういうちょっと照れちゃった的な自然な笑顔が垣間見れると、途端にMVの緊張感がふっと途切れて、その“ゆるみ”に心をつかまれます。

やっぱり何をおいても笑顔っていうのがいちばんだよね、と思わされて、脳内ではSMAPの「オリジナルスマイル」が流れてきそうな心境です。

特にUKグライムの雄Stormzyくんがこんなにかわいく笑うなんて知りませんでした。

 

youtu.be

 

5) 唇を尖らせるボーイズ

f:id:chatnoirpop:20170731150436p:plain

Tom Grennan 2:04

この皿についた泡をふーって吹いてるのたまらん。

ちなみにこのトム・グレナン氏、UKのシンガーソングライターらしいんですが、イギリスのアクセント超強いです。

 

youtu.be

 

f:id:chatnoirpop:20170731160001p:plain

Taka 0:53

シャボン玉ね……これもまたずるいですよね……

2分過ぎにももう一回Takaさんが登場して、シャボン玉に囲まれる図を見せてくれるんですが、それもまた儚い感じが出ていて、男の子のなかの弱い部分を垣間見せられたような気がして、とにかく非常にぐっときます。ぜひご一聴のほど。

 

6) 飲み食いするボーイズ

f:id:chatnoirpop:20170731160422p:plain

Tommy Cash 1:14

f:id:chatnoirpop:20170731160642p:plain

f:id:chatnoirpop:20170731160711p:plain

Joe Jonas 0:00 他

f:id:chatnoirpop:20170731160740p:plain

再びのDan Smith 0:41

f:id:chatnoirpop:20170731160823p:plain

再びのVanceくん 2:17

f:id:chatnoirpop:20170731160900p:plain

再びのStormzy 0:51

 

このMVはいろんなかたちで性的なメタファーを感じさせるカットが多いように思うんですが、そのなかでも飲食っていうのは特にそうですよね。

そのなかでもやたら比重を置かれてそれを背負わされてるのがジョー・ジョナス氏で、そのフィーチャーのされ方と直接的な表現には、え、何?この人現代のセックスシンボルかなんか?と思うほどでしたが、調べてみたらジョナス・ブラザーズ(懐かしすぎる3兄弟ポップロックバンド)の一員ということで驚きました。 

 

性的なメタファーがあるにしろないにしろ、わたし個人としてはおいしそうに食べる男性というのは非常に好みです。

ボーイズたちがなにかをもぐもぐしている様子を見てなんらかの魅力を感じるというのは、飲食という行為が生命力につながるという意味でも、単純に性的な意味でも(口は人が普段から晒している唯一の性器だ、とこの前歯医者の友人が言っていました)、割と女性としての本能なのではないかとわたしは考えています。そういう意味でこのMVには飲食カットが多いんじゃないかとわたしは邪推します。

 

それにしてもこんなにも多様なボーイズたちのなかでトミー・キャッシュ氏の見た目の異質さ際立ちすぎ。エストニア出身のラッパーだそうで。彼のMVも観てみたんだけど、なんかもうやばいもん観てる感が半端ない。今後も注目したいです。

 

youtu.be

 

 

 

このMVにはわたしが挙げた上記のカット以外にも、ボーイズが自分の腕力だったり筋肉だったりを見せるカットも多数あって、個人的にマッチョすぎるボーイズにはそこまで興味がないのでここでは挙げなかったのですが、それもやはり男性性を感じさせるシチュエーションになると思うので多くの女子はぐっとくるのではないでしょうか。

 

また、変わり種として大きなピンクのクマのぬいぐるみとたわむれるRiz Ahmedが出てきたり(激かわいい。これは反則)、

f:id:chatnoirpop:20170731174549p:plain

〈GIRLS〉〈BOYS〉という本をそれぞれ読んでいるギーク臭ぷんぷんのFlumeくんとA.G. Cookくんがいたり、

f:id:chatnoirpop:20170731174730p:plain

ほんとおもしろいし、〈みんなちがってみんないい〉っていう言葉はまごうことなき真理なのだ、と叫びたくなります。

 

 

以上、このMVにわたしがどうも心を奪われるのは、冒頭に挙げた多様性はもちろんのこと、女子が男子に感じる萌えポイントをなんの躊躇もかっこつけもなくドドンと思い切り提示しているところにあるような気がします。

だってこうやって、ただただいろんなボーイズたち(しかも別にルックスで売ってるわけじゃないその辺にいそうな普通のボーイズたち)を眺めてきゅんきゅんできるMVってこれまであった?わたし知らないよ?

男の子のこういうところにきゅんきゅんしちゃうのってしょうがないよね!だってこんなにステキなんだから!と、女子たちでキャーキャーと盛り上がれるすばらしいコンセプトのMVですし、最初にも似たようなことを言ったけれど、このMVを観てなにも感じない女子っていないはず。絶対に、あーこういう男の子好きだわ、って感じるボーイズがひとりは出てくるはずなので、ぜひお気に入りボーイズを見つけていただいて、そして自分のフェチを再発見してみてほしいです。

 

 

それにしてもこの曲の歌詞、「男の子たちのことばっかり考えちゃって他のこと考えてる余裕なくってさー、ごめーん」って内容なんですけど、まさにこれってジャニヲタのための曲なんじゃないかという気もしますね。

そしてそう思うと、ここに出てくる60数名を全てジャニメンたちに置き換えてみたら超至福だなーと思いました。

 

というわけでちょっとやってみてもいいですか。

 

参考:

www.buzzfeed.com

※あんまり顔が映ってなかったりする人は除外しました

 

  1. Joe Jonas:丸山隆平関ジャニ∞
  2. Max Hershenow:増田貴久(NEWS)
  3. Charlie Puth:錦戸亮関ジャニ∞
  4. Brendon Urie:マリウス葉Sexy Zone
  5. Oli Sykes:塚田僚一A.B.C-Z
  6. Cameron Dallas:山口達也TOKIO
  7. Chromeo:井ノ原快彦&岡田准一(V6)
  8. Caspar Lee:重岡大毅ジャニーズWEST
  9. Joey Bada$$:菊池風磨Sexy Zone
  10. G-Eazy:上田竜也KAT-TUN
  11. Sage the Gemini:千賀健永(Kis-My-Ft2
  12. Denzel Curry:濵田崇裕(ジャニーズWEST
  13. Aminé:神山智洋ジャニーズWEST
  14. Mark Ronson:桐山照史ジャニーズWEST
  15. Ezra Koenig:中間淳太ジャニーズWEST
  16. MNEK:中島裕翔(Hey! Say! JUMP
  17. Rostam Batmanglij:渋谷すばる関ジャニ∞
  18. Dan Smith:山田涼介Hey! Say! JUMP
  19. Flume and A.G. Cook:宮田俊哉玉森裕太Kis-My-Ft2
  20. Wiz Khalifa & Ty Dolla $ign:藤ヶ谷太輔横尾渉Kis-My-Ft2
  21. Tinie Tempah:横山裕関ジャニ∞
  22. Riz Ahmed:堂本剛KinKi Kids
  23. Stormzy:二宮和也(嵐)
  24. WSTRN:八乙女光&有岡大貴&伊野尾慧(Hey! Say! JUMP
  25. Taka Moriuchi:大倉忠義関ジャニ∞
  26. Carl Barat:村上信五関ジャニ∞
  27. Connor Franta:佐藤勝利Sexy Zone
  28. Shaun Ross:橋本良亮(A.B.C-Z
  29. Fai Khadra:中島健人Sexy Zone
  30. Mac DeMarco:長瀬智也TOKIO
  31. Will.i.am:五関晃一(A.B.C-Z
  32. Tommy Cash:安田章大関ジャニ∞
  33. Jack Guinness:長野博(V6)
  34. Diplo:北山宏光Kis-My-Ft2
  35. Laurie Vincent:戸塚祥太A.B.C-Z
  36. The Fat Jewish:大野智(嵐)
  37. Jack Antonoff:小山慶一郎(NEWS)
  38. Tristan Evans and James McVey:小瀧望藤井流星ジャニーズWEST
  39. Tom Daley:相葉雅紀(嵐)
  40. Frank Carter:松本潤(嵐)
  41. Fred MacPherson:城島茂TOKIO
  42. Mic Lowry:舞祭組の4人(ほんとは5人だけど)
  43. THEY.:森田剛三宅健(V6)
  44. Theo Hutchcraft:薮宏太(Hey! Say! JUMP
  45. Buddy:高木雄也Hey! Say! JUMP
  46. Portugal. The Man亀梨和也KAT-TUN
  47. Liam Fray:坂本昌行(V6)
  48. Jay Park:二階堂高嗣Kis-My-Ft2
  49. Prince & Jacob:KinKi Kids
  50. D.R.A.M.:加藤シゲアキ(NEWS)
  51. Jay Prince:知念侑李(Hey! Say! JUMP
  52. Khalid:手越祐也(NEWS)
  53. Poet:松岡昌宏TOKIO
  54. Tom Grennan:河合郁人A.B.C-Z
  55. Vance Joy:松島聡Sexy Zone
  56. Kaytranada:中丸雄一(KAT-TUN

 

お気に入りは、ジョー・ジョナスさん(セックスシンボル)を丸ちゃんにしたのと、各種ふたり組ですかね。あとお皿についた泡をふーってするふみきゅんとか、洗車で泡まみれになって困った顔で笑う亮ちゃんとか、ピンクのフラミンゴの上で横たわるニカちゃんとか。火のついたマッチを口にくわえるケンティーも見たいです。Joey Bada$$は一目見たときから風磨くんに決めていました。バラの花をむしゃむしゃするのはヤスくん。気づけば各種シゲ(加藤シゲアキ重岡大毅、城島リーダー)は、図らずもみんな何かを破壊しています笑

さあいかがでしょうか。ぜひこのページと、上記Buzzfeedの記事と、BoysのMVとを同じ画面に並べて見比べて&妄想してみてください。

いや、これ楽しい。めっちゃ楽しい。脳内で顔をジャニメンたちに変えていくだけだけどめっちゃ楽しい。妄想力も鍛えられるし。自分のリストを制作するのもおすすめです!!そして制作したらぜひわたしにご一報を!

 

というわけで、さまざまな楽しみ方ができるCharli XCXの「Boys」、ぜひご覧になってみてください。

「I was busy thinking about boys」が、全ジャニヲタの言い訳としてこれから広まっていくことをわたしは期待します。

*1:参照:Mr. King「Oh! サマーKING」 

chatnoirpop.hatenablog.com

*2:参照:なぜわたしがまっすーが好きか

chatnoirpop.hatenablog.com

*3:参照:

chatnoirpop.hatenablog.com