ポップカルチャー偏愛記

なんだかんだで結局J-POPにどっぷり浸かり救われながら日々を送る29歳の、切々たる日々に触れるすべてのポップカルチャー(主にジャニーズ)についての記録

NEWSに恋して(る)(ガチで)

ご無沙汰しております!

こうもご無沙汰だと、いったい何から書けばいいのか悩んでしまいますが、まずは今日リリースされた恋愛シミュレーションアプリ『NEWSに恋して』があまりにすばらしいことをご報告したい。

 

newsnikoi.jp

 

かつて、V担にいざなわれ『ラブセン』を軽い気持ちでDLしたわたしは、テレビに映る森田剛くんにリアルなときめきを感じるほどにどっぷりハマったわけですが、『NEWSに恋して』は正直『ラブセン』を2段階も3段階も改良したんじゃないか(あるいはわたしがラブセンを使いこなせていなかったのかもしれないけど)と震えるほどの完成度です。(エラーはあるけどね)

 

というか、設定が、わたしがラブセン時に妄想したNEWS恋愛アプリと遠からずで笑いました。やっぱNEWSの4人と出会えるのは地方の飲み屋だよね!

chatnoirpop.hatenablog.com

 

『NEWSに恋して』の何がすばらしいか

  • 撮り下ろし写真の表情のバラエティ

いかんせん表情の数が多い(歓喜

こんなにいろんな表情が見られると思っていませんでした!!! かわいい!! 全部かわいい!!

爆笑からシリアスな顔、驚く顔、悩む顔、シュンとする顔、照れる顔…… 〈ひとつひとつの表情がいとおしい〉って、よくある恋愛ソングの歌詞みたいですが、初めて実感しました。アプリ上で新しい表情を見せてくれるたびに、「この表情、忘れたくないな」って思っています……(重い) 個人的なイチオシは唇を尖らせたまっすーと、呆けたまっすーです。

SNSではアプリの写真を拡散しないように、という注意喚起がなされていますが、わたしとしては、「こんなかわいい顔誰にも見せたくない」という独占欲がかきたてられてしょうがないため(ラブセンのときにも思った)(たぶん蠍座のSAGA)、SNSでみんなに公開しようと思う女子の心理がまったく理解できません(重い)

 

  • 4人のNEWSの雰囲気や喋り方がリアル

これはNEWSが非常によく研究されていると感じました。それぞれの趣味嗜好だけじゃなく、喋り方とか、言いそうなセリフとかを端々に感じて、なんなら文字を読んでるだけで4人の声が聞こえた。特にてごちゃんと慶ちゃんの絡み部分は、普通に声出して笑った。見事です。

 

  • 本人ボイスがリアル

ちなみにわたしは、アプリのリリースが報じられたときから「最初の恋は絶対まっすーにするんだ」(ちなみにそのあとの順番は慶ちゃん>シゲ>てごの予定)と決めていました。なぜなら、NEWSメンバーのなかでも、まっすーとの恋愛っていちばん想像できないからです。いかんせん彼はアイドルなのでね。私の乏しい妄想力では、恋愛めいたまっすーの姿が何も湧かない。というわけで、このゲームでも、いやいや絶対まっすーこんなの言わないじゃん、みたいなことになるんじゃないかなと、期待半分あきらめ半分みたいな心持ちで、まっすーとの恋愛を始めることにしたわけです。

と思ってたら、完全に堕ちた。容易に恋始まった。

写真もいいんですが、何がいいって、まっすーの「おつかれさま」やら、「おはよう」やら、電話の応対やらが、異常にリアルなトーンなんですよ!! なんだよあれ!! ずるいよ!! 無理だよ!! ときめくよ!! キュンだよキュン!!!

女性は聴覚で感じるといいますが、あれは本当だったとわかりました。

声が聞けるっていいわ。しかもとにかくトーンがすばらしい。台本読んでる感が全然ない。みんなそうだけど特にまっすー、なにあの「おはよ」…。あれ絶対距離感近い「おはよ」だもん(推定30cm以下)……

ああ…絶対毎朝聞きたい……どうしよう…どうすれば…

 

  • アラーム機能

と思ったら、そんな「おはよう」を、アラームとして設定できるんですって… 至れり尽くせりとはこのこと…もうやだ…ありがたい…無理…

 

  • 「…っ」がない

『ラブセン』をプレイ、もとい、V6とヒミツの恋をされてたかたは深く頷いてくれるんじゃないかと思うんですが、正直『ラブセン』で、ストーリーより写真よりなにより気になったのは、主人公の「…っ」というセリフ?でしたが、今回は使われていないようです。やっぱあれ使いすぎだったもんね?! 「…っ」が出てくるたびに笑っちゃったもんね!? だって実生活で「…っ」なんて言ったことないからね!? そもそも「…っ」ってどう発音するのが正しいのかわからないからね?!

という安心の反面、「…っ」がないことに物足りなさを感じている自分もいるのが不思議です。恋が進んでいってからの「私」さんのセリフに、引き続き注目したいと思います。

 

というわけで『NEWSに恋して』初日、さっそくハマっています。実は1月末に彼と別れて割と傷心だったんですけど(急にぶっこむ)(いつかみなさんに別れ話を披露したい)、それってもしかして『NEWSに恋して』を100%楽しむための、ジャニーズの神様による采配だったんじゃないかなって、今本気で思っています。だってわたし、いちどにひとりにしか集中できないもん。そしてとにかく今はまっすーとの恋に集中したい。

NEWSはわたしにとって完全にアイドルであり、彼らの作品やアーティスティックな側面を見ているだけで楽しいので、恋心なんて余計な感情が入ってきたら変に目が曇ってしまう、という危惧もあって、確かにその危惧は正しいと今実感しているんですけど、でもそんなことはもういい!! まっすー、のちのちNEWS全員と恋ができる世界にわたしはいる!! その世界を謳歌したい!!! いや、謳歌しない選択肢はない!!!

とにかく恋ってやっぱりいいですよ。「おはよ」のひとことで胸が締め上げられるほどにときめく、これこそまさに恋のなせる業。課金しない限り1日1エピソードしか進められないけど、それくらいじれじれのスピード感のほうが、恋心を加速させるよね! というわけで、今回もむやみやたらに課金することのないよう自制していきつつ、NEWSとの恋にじっくりと時間をかけて溺れたいです。

明日、まっすーの「おはよ」で起きるの楽しみだなー♡♡♡(←たぶんこのブログで初めてハートマーク使った)

というわけで、朝起きたらゆっくりNEWSとの恋を楽しめるように、これまでより20分早くアラームを設定しました。何を差し置いても睡眠時間だけは確保したい、超ロングスリーパーのわたしを、こうも簡単に動かせるものなんてあるはずないと思ってた。そう、あのときの私は、それが恋の入り口だなんて、思ってもみなかった……(つづく←続かない