ポップカルチャー偏愛記

なんだかんだで結局J-POPにどっぷり浸かり救われながら日々を送る29歳の、切々たる日々に触れるすべてのポップカルチャー(主にジャニーズ)についての記録

NEWS 15th Anniversary LIVE “Strawberry” 行ってきました

知らなかった、

制作開放席は本当にある。

 

金曜19時までチケットなんて1枚もなかったのに、その前日にプレ販行ってペンラ買って準備万端だったあの自信が今考えたら不思議でたまらないけど、なんかもう、運命って言葉を信じたくもなる。

 

いかんせん制作開放席なんで、ステージ真横でスクリーンが観れなかったりしたんだけど、そんなことはどうでもいい。

4人に会えた。

大好きな4人に会えた。

 

 

もう一生歌われることはないんじゃないかとさえ思っていた「Share」、そして夏の名曲「エンドレス・サマー」や「星をめざして」あたりを聴いたときには、美恋魂の秩父宮の景色が重なりました。空のグラデーションもあいまって、まるで美恋魂を追体験しているようなときもありました。

美恋魂で観て、ひとりの一般人として感動していた空間に、今、紅いペンラを持って、泣いたり笑ったり叫んだり歌ったり手を振ったりしているわたしがいる。すごく不思議でした。

制作開放席のため、ステージの前のほうに4人が並んで立つと、もはや自分がNEWSのとなりに一直線に並んでいるような錯覚を得るくらいにステージの真横だったんですが、逆にそのおかげで会場を俯瞰で眺めることができました。

手越くんが「ペンライトきれいだよ~!」って叫んだときには、わたしもほんとうにきれいだって思っていたし、周りからも終始「きれいだねえ」って声がたくさん聞こえた。きっと、今味スタを上空から見たら、まさにイチゴみたいにみえるんじゃないかとひとりほくそ笑んだり。

 

それにしても不思議だったのが、あんなに広い会場で、あんなに会場の端っこのほうにわたしはいたのに、全然置いてけぼり感がなかったこと。NEWSが遠くのほうにいたって、すっごくすっごく楽しかったんです。

あの一体感。

5万5000人、2日合わせて11万人が来場したということだけれど、みんながNEWSに会いたくて、会いに来て、15周年おめでとうって祝ってて、大好きだよって思ってて、NEWSもそんなファンを迎えるためにセトリ考えて、グッズ考えて、たくさん準備して、練習して、まっすーに至ってはWHITEコンからずっと考えていたことを15周年で実現して、見せない限り客席からは見えないベルトにまでこだわって。

愛しかなかったね。

NEWSを好きになってよかったし、あの日あの空間に輝くひとつのペンライトの光になってNEWSの15周年を祝えたことを、心から嬉しく思いました。

 

ライブ前になるとビジュアルを最高に仕上げてきてくれる4人に心を奪われながら、NEWSを好きになったこの3年間を思い、わたしの見てこなかった12年間を思い、「今、幸せです」という増田さんに涙が出てきました。

幸せってこれか、って思いました。

15年を総括するにふさわしい、完璧な構成に、完璧なセトリでした。ファンへの想いに貫かれてた。わたしの好きなNEWSとファンの姿が、今日の味スタにはあった。

 

ずっとずっとNEWSに会いたくて、ぎゅってしたくて、大丈夫だよって叫びたくて、ひとりじゃないよって歌いたくて、そんな数ヶ月のわたしの、わたしたちの願いが報われた気がしました。

 

わたしはNEWSを好きになってよかった。

NEWSを好きになって、つらいことなんてマジで一個もない。幸せしかない。

いつ死んだって幸せだし、NEWSがてっぺん取るまでは死ねないっていうふたつの相反する気持ちが共存してる。

命が続く限り、NEWS4人を絶対に幸せにしてあげたいし、命が続く限り、わたしはきっとこれからもNEWSに幸せにしてもらうんだろう。

いっしょに幸せになれたら、と思う。

 

 

来月のドリフェス出演も決定して、いよいよNEWSの時代が来る予感しかしないんだよなもう。

Nulbarichや髭男が出るとのことなので、フロア系の「Brightest」「Black Hole」「JUMP AROUND」、アーバン系の「Sweet Martini」「夜よ踊れ」あたりでぶちかましてほしい。絶対ファン増える。100%アイドルの印象が強いNEWSが、アウェーでどこまで勝負を挑むのか。15周年以降を占う重大なイベントだと思います。非常に楽しみです。

 

あーーもーーずっと好き!!ずっとついてく!!!ずっといっしょにいようね!!!!幸せだ!!!!

 

f:id:chatnoirpop:20180813020517j:image