ポップカルチャー偏愛記

なんだかんだで結局J-POPにどっぷり浸かり救われながら日々を送る30歳の、切々たる日々に触れるすべてのポップカルチャー(主にジャニーズ)についての記録

NEWS担による、A.B.C-Z「Black Sugar」のここがすごい!(パフォーマンス編)

どうも、NEWS担(美恋堕ち大体4年目)兼A.B.C-Z担(Black Sugar堕ち5日目)です!!

 

chatnoirpop.hatenablog.com

chatnoirpop.hatenablog.com

 

上記のブログを書いて1週間も経たないあいだにA.B.C-ZのFCに入ることになるとはまさか想像もしていませんでしたが、いや、想像なんてできないのがヲタク人生でありひとの世であるわけですね。

 

わたしがA.B.C-Zに落ちた道筋は以下の通り。

 

Twitterで目にした「Black Sugar」のジャケ写に心奪われ、初回盤Bを予約する

   ↓

初回盤Bが届くとカップリングの「ONE MORE KISS」中毒に冒される

   ↓

MステのA.B.C-Zのビジュアルとパフォーマンスに驚愕する

   ↓

初回盤Bの特典のライブダイジェスト映像を観る

   ↓

MVが観たくて「Black Sugar」初回盤Aを買いに行く

   ↓

A.B.C-Z結成10周年記念 スペシャルキャンペーン 特設サイトにシリアルナンバーを入れ、悶絶する

   ↓

ついにブログ(曲編)を書く、書きながらA.B.C-Zの舞台『応援屋』DVDを購入する

   ↓

ブログ(ビジュアル編)を書く

   ↓

Twitterでえび担さんにLBTツアーをオススメされて円盤を買う

   ↓

5人全員が揃う、生放送の、週一50分のラジオ番組『今夜はJ's 倶楽部』を聴いて興奮する

   ↓

ラジオを聴きながら橋本くんの舞台『良い子はみんなご褒美がもらえる』のチケットを購入

   ↓

橋本くんが出演した『TOKIOカケル』を観て、改めて「Black Sugar」の威力を知る

   ↓

勢いに乗って戸塚くんの舞台『BACKBEAT』のチケットも買う

   ↓

『ぼくらのショウタイム』を観ながら、自分は完全にA.B.C-Zが好きだと悟る

   ↓

FC入会

 

 

という流れでした。

いやーーーーー

めまぐるしかった!!!!

正直ここ数週間はA.B.C-Z以外の記憶があまりないですね。

 

すでにわたしの手元には舞台の映像作品×1、ライブの映像作品×1、舞台のチケット×2がある。それに加え、発売時に購入していた「Reboot!!!」の初回盤は、改めて観ようと思って棚から机の上に移動してあります。(あと「Rock With U」がかっこよかったので買った『VS 5』は、早速布教に励もうとWEST担に貸しました)

 

しかし、「Black Sugar」ブログを完結させてから他の映像を視聴することを決めているので、まだどれも観てないんです!

 

わたしは!

早く!

ONE MORE KISSの!

パフォーマンスが!

観たい!

という一心で書き上げました。

 

どうぞご査収ください!

パフォーマンス編!

 

初回限定盤B収録「A.B.C-Z 2018-2019 Love Battle Tour YOKOHAMA ARENA DIGEST」

まずこれ抜きには語れませんね。「Black Sugar」初披露時の映像。

もう何度見ても興奮で鳥肌が立ちます。

 

これはアンコールですかね?「エービーシージー!(手拍子×4)」の掛け声が会場内に響くなか、唐突に映像が流れるんです(※のちにMVの冒頭と判明する映像)

 

白バックで、白を基調としたニュートラルカラーの衣装に身を包み、おもむろに床に座って談笑する5人。

角砂糖のような黒いお菓子を各々指でつまみ、視線を交わし合う5人。

時折挟まれる黒い映像、仮面をまとった〈ブラックA.B.C-Z〉の不穏な姿に、「え…?なに…?!」とざわざわする客席

(実際にお客さんたちの不安そうな声が聞こえる)

(それでもふみきゅんの美しい顔が映ったときとか、はっしーの綺麗な舌先が映ったときには不安を忘れてちょっと色めき立つのがかわいい)

A.B.C-Zが、つまんだ黒いお菓子を口元に運ぶ。

橋本くんがお菓子を舌にのせ、その唇が閉じられる。両目を開く。

ブラックA.B.C-Zが仮面を脱ぎ捨てる。

 

……からの

 

A.B.C-Z

New Single

Black Sugar

3月27日発売決定!

 

の文字!!!!!

 

ねえちょっと粋すぎない?!

こんなかっこいいシングル曲告知&初披露観たことないよ!!!!

 

当然客席は大熱狂、

からのWell... Let's Get Started」という文字がスクリーンに浮かび、

からのステージ中央のA.B.C-Z5人にスポットライト

からの照明ピカピカ

からのファイヤーどーーーん!ですよ!!!!

 

やべーーー!!!!!(興奮)

 

衣装

視覚的な話をするさいにまず大事なのは、やっぱり衣装。

今回のA.B.C-Zは全身ブラックで、それがまーーーーーかっこいいんだ!!!!!

 

写真作品が白黒でプリントされた布と、エナメルのような光沢のある素材(五関さん曰く、通気性のない革)が組み合わせられた、スマートだけどグラマラスな衣装。

みんなそれぞれシルエットやディテールは異なっているんだけど、基本はシャツ+パンツ+ジャケット。

もちろん個性的で、ステージ用の〈衣装〉ではあるんだけど、注目すべきはシャツの襟元。ここに普通のYシャツっぽさが残るんです。Yシャツをちょっとだけ着崩したみたいな、オフィスワーク後の気だるさみたいなものが漂っているんです。 それでガシガシ踊るもんで、もう男の色気が爆発。

f:id:chatnoirpop:20190421203651j:plain

わかりますかこの襟元のエロス

特にわたしは五関晃一さんの首元から目を離せない。いつもの飄々とした五関さんな気もするのに、でもめっちゃくちゃエロいんだ。

そんなわけでA.B.C-Zが普通に着て立っているだけでもエロく、昏く、蠱惑的な魅力を放出する衣装ではあるんですが、脚にぴったり沿った細身のレザーパンツが動物的なしなやかさを演出し、着丈長めのジャケットやシャツは、踊るたびにバサっと舞って美しいので、ガシガシに踊るからこそ映える衣装でもあると思う。

ベーシックなメンズのフォーマルスーツを踏襲し、はだけすぎない着こなしで清潔感(これ大事!)は残しつつ、だけど素材やシルエットでエロスを醸し出す。世界観にも、A.B.C-Zのイメージにも合った完璧な衣装だ、と見れば見るほど感服します。

 

振付

そして、その衣装を引き立てる振付!!

「曲と踊りが完璧だからほんとはそれだけで観てほしい」とメイキングで語る橋本さんに、わたしも完全同意です。

そういう意味で、シリアルナンバーひとつあれば10周年記念サイトで観れてしまう、「Black Sugar」のDance Clipはほんっっっとにありがたいんですが、Mステのパフォーマンスもバキバキでめちゃくちゃよかった。ただ残念なことに、Mステは間奏のセクロバットがカットされてたんだよなあ。

ちなみに普通にMVが観れるのは、初回限定盤Aでございます。

 

Black Sugar(初回限定盤A)(特典なし)

Black Sugar(初回限定盤A)(特典なし)

 

 

いずれにせよ、何らかの映像を観ながら以下をお読みいただけるとわかりやすいと思いますが、でもせっかく貴重な時間をいただいてこんな記事を読んでいただいてるんだから文章の力だけで表現しろよって話ですよね。というわけでがんばれわたし

 

冒頭

冒頭4拍から抜かりなくかっこいいのがA.B.C-Zであり「Black Sugar」である。

 

はっしーを中心にしたフォーメーションで、音に合わせて

はしとつはしつかはしふみはしはし

と連動した動きがたったの4拍のあいだに繰り出されるんですけど、バッチリ音にハマってて気持ちいいんだこれが。

その後、橋本くんが「♪Baby Baby...」を歌い、フォーメーションが展開され、サビに入る。

そこまでの14秒だけでも、1日観続けていられるくらいに好きです。

 

A.B.C-Zのパフォーマンスって、絶対的センターがいる5人グループ、という条件を存分に生かした構成やフォーメーションだと思うんです。真ん中の橋本良亮くんを中心に、他の4人が動き回ったり、裏方に徹するシーンが特徴的というか。

わたしはそこに、A.B.C-Zにしかないひとつの美学をみて興奮する。

だってさ、4人が橋本くんを囲んで踊っている図、強くない? まるで橋本くんを守る鉄壁の剣士たちじゃない? ね? そうでしょう? 強いですよね?(圧)

しかも、ひとりを4人が囲んでいるだけなのに、なぜかA.B.C-Zには、グループとしての結束や、センターである橋本くんへの4人の信頼感も感じるんだ。そもそもセンターを支えている4人それぞれがずば抜けた実力を備えていますからね。揺るぎない安心感を感じてとにかく強いんだ。不思議だよ。

何ならほんと、この14秒で泣きたくなるほどエモいです。

 

サビ

そうしてサビが始まります。

この曲に漂う男の色気は、重心低めで脚を大股に開き、膝を外に曲げるポーズに起因するのかもしれない。割とその体勢をとっていることが多いし、要所要所で使われているので記憶にも残る。

しかし記憶に残る、といえば、「♪Black Sugar(Black Sugar)」部分の、砂糖をつまんでパラパラとまぶす振付ですよね。

Mステでは、戸塚さんの指先がクローズアップされたときにエロスが極まっていました。かと思えば塚ちゃんの指先もエロかったりして心が忙しかった。

この部分、映像によってもいろんな表情が観れて、しかもほんとに五者五様で、はっしーは左前腕で顔を隠したり、塚ちゃんが左を向いて首筋をあらわにしたり、ふみきゅんが顎をあげたりしてSっ気を匂わせたりしているので、実に研究しがいのある箇所です。

しかもこのとき、指先では砂糖をまぶしながら、腰 め ち ゃ く ち ゃ 振 っ て ま す か ら ね。

わたし好きなひとに腰振られるとほんと弱いのでほんとこれは無理ですね。

そもそもA.B.C-Zの腰振りって貴重な感じがしてありがたいのに、大胆にぐいんぐいん回すもんで橋本さんの長い脚は際立ちますし、塚田さんの腰振りには、オーバーサイズのシャツで隠れているとはいえやっぱり背徳感を抑えきれないし、長めのシャツで腰が隠れているにもかかわらずなめらかな腰の動きがはっきりわかるふみきゅんには思わず顔を赤らめてしまうし、戸塚さんはもうふつうにエロいし、Mステでは五関さんの力強い腰振りに抗えず、何回か巻き戻し再生を繰り返したことをここに白状します。

サビ内2度目の「♪Black Sugar」での斜め前に出す別タイプの腰振りもどうも五関さんばかり見てしまいます。はい、性癖です(断言)

 

サビのもうひとつの見所は、「♪絡まってくカラメル」。

5人が一列で扇型をつくり、腕を絡ませます。

f:id:chatnoirpop:20190421224106j:plain

ほぼ残像

メンバーの絡みを、美しく、パフォーマンスの一部として魅せることができるグループ、それがA.B.C-Zなんです。

しかもここでは、5人全員が絡まっている。それでいて、扇型は崩れていない。すごくないですか?

軽々とやっているけれど、ここで腕が他のメンバーの顔とかに当たっちゃったり、タイミングが合わなくて腕組むところがぐちゃっとしちゃったり、絶対そういうことって起こるはずじゃないですか。でもA.B.C-Zは、そんな予感なんて微塵も感じさせませんからね。かっこよすぎ。

 

そしてサビの最後を飾る、「♪もっと蝕んでくれ A HA HA」。

ここは是非とも!河合郁人に! 河合郁人に注目してください!(大声)

全員が各々、指をひらひらさせながら片手を胸元に這わせるんですけど、そのときに河合くんだけ、うっすら微笑むんですよ。目は伏せて、右下のほうを見ているんだけど、口元に笑みが浮かんでいるんですよ。やばくないですか……?やばいんですよ……? なんか…… すごく……

 

……(ゴクリと唾を飲み込む)

 

……いや、ここはあまり語ると18禁臭がしてくるので自粛しますが、とにかくこの振付と河合くんの表情が大好物ですねわたしは。まあ性癖でしょうね(開き直り)

 

はーーー「Black Sugar」のマルチアングル欲しーーーい!!!!! それぞれの踊りかたを舐めるようにみたーーーい!!!!!

 

Aメロ

Aメロの出だしは橋本くんが歌う「♪危ういことだとわかってるのに」。

塚ちゃんと五関さんの肩を両手でそれぞれグッと押して橋本くんが前に出てくる。橋本良亮無双なところにシビレます。

しかしそうやって橋本くんに気を取られていると見落としがちですが、肩を押されて横を向く塚五ふたりの横顔の美しさが筆舌に尽くしがたいこともぜひ確認していただきたい。

身体が正面を向いているのに、顔だけ横に向けたときの、塚田さんの首筋と顎骨が描くなめらかな凹凸。五関さんが少しうつむいたときの、頬骨がつくる薄い影。

あれ? 谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』って塚五に献じられた本だった? と思うくらいに繊細に美しい横顔です。わたしは塚五の横顔の陰影をこれからも礼讃し続ける。

 

そして横を向き目線を下に落とした塚田さんと五関さんが、こちらに背を向け、「♪わかってるのに」部分でこめかみに指を立て、立てた指をそのまま弧を描くようにふわっと下におろしていくのですが、その部分のふたりを見ていると、「神は細部に宿る」という言葉を思い出す。どんなに小さな、繊細な仕草にさえ神経を張り、指先まで決して気を抜かないふたりは職人のようでひたすらかっこいいのです。

そんな姿をみていると、わたしも出かけるときには常に左右には塚田くんと五関くんにいてほしい、左右を塚五に固められたときの安心感をわたしも感じたい、という謎の欲求が深まります。

 

そして橋本くんのパートが終わり戸塚くんが入ってくるんですが、そのときに戸塚さんが背後から橋本くんの右胸におもむろに片手を置いて、そしてその戸塚くんの手を橋本くんが握るんです。まるでバトンの受け渡しをするかのように、ふたりがぎゅっと手を握ったまま、離れていくんです。それだけなのに、なんかシンプルにめちゃくちゃエロいんです。 

 

その後とっつーは名残惜しそうに(←願望)橋本くんの手を離したかと思えば、今度はふみきゅんの肩にガシッと力強く片腕を回す。

反射的に「えぇっ、うらやましいっ!!」とつぶやくわたしにも、もはやいったい誰をうらやむべきなのかわかっていないほどに、目まぐるしくメンバー同士の絡みが展開されます。

 

先ほども申し上げましたが、手をつなぐとか腕を回すとか、すなわち〈絡む〉という動作を、振付の一部としてこんなに美しくみせ、それでいて色気を放出することも忘れないA.B.C-Zってすごくないですか?

指先や腰の動きなど、ひとりでも充分に色気のある振付だっていうのに、「Black Sugar」ではメンバー同士の絡みがかなり豊富で、しかもそれを思わせぶりでもなんでもなくさらっと振付に入れてきて、しかも一回一回の絡みが割と長めでねっとりしているので、正直心臓にめちゃくちゃ悪い(意:もっとやれ)。

何度もいうようにわたしはA.B.C-Zのどこか清潔感ある、清廉な雰囲気がすごく好きで、今回の5人もそこまであざとくエロスを出そうと意識しているようには見えないのだけれど(塚ちゃんに至っては「苦手」ってはっきり言ってたし)、それでもここまで色気が濃く滲み出ているんだから完全に潜在的なエロスだよね。あるいは30代の大人の色気ってやつか。超しんどい。。

 

ほんと、よくもまあここまで自身の色気を世間に隠しおおせてきたなと思いますよ。でももう無理だからね?! 知っちゃったから! こっちはこれからどんどん色気求めちゃうから! 頼みますよ!

 

間奏

メイキングで語られているところによると、今回は振付師さんが土台をつくり、五関さんが構成など細かいところに手を加えたり、アクロバットを考えたりしたそう。

そう、抜かりなくセクシーな「Black Sugar」でも、A.B.C-Zの代名詞であるアクロバットは取り入れられています(そういうとこ! 自分たちの武器を遺憾無く、出し惜しみせず発揮するとこ! 好きだ!)

今回はアクロバットも当然のようにセクシーです。そう、セクシーなアクロバット、略して〈セクロバット(©️戸塚祥太!!

そうやって、「セクシーアクロバットにして」というざっくりした注文を受けた五関さんは、「セクシー」の表現の仕方として〈メンバーの絡み〉を選びました。は〜〜〜天才だ〜〜〜!!!

「スピード感や流れで魅せるアクロバット」と五関さんが表現するように、まずは塚ちゃんが五関さんの両太ももを土台にした側転をみせ、河合くんと塚田さんが五関さんを横抱きにひょいっと持ち上げたと思ったら、はしちゃんがしゃがんだ塚五を跳びこえて前に出てきて、着地してからしゃがんだまま、ちょっと離れた場所にいる河合くんとシンクロしたターンを決める。

橋本くんのターン2周目からは塚五が加わり、いっぽうでターンをやめた郁人さんは前屈している戸塚さんの背中に手を置いてふわっとジャンプ。そして今度は戸塚さんが、足を大股に開いて腰を落とした河合くんの左ももに左足を乗せて、もう片方の脚で河合くんの頭上を通る軌跡を描きながら河合さんの太ももから降り、そしてふみとつふたりで背後の橋五と同じく伏せるポーズ。

とっつーが河合くんの頭上に脚を回しているうしろでは塚ちゃんが起き上がり、華麗にウェブスターを決め、塚ちゃんが着地すると同時に4人が起き上がる……。

 

間奏の20秒足らずで見どころがいくつもあるので、めちゃくちゃ目が忙しいです。そして何度でも観たくなる。

ここでは直接的な絡みもあれば、距離があるふたりが同時に動きをシンクロさせる、という意味での絡みもあり、AメロともBメロともサビとも違う雰囲気が流れ新鮮。

さらに各人が主役になるポイントがあるので、ここだけ切り取ってもA.B.C-Zの名刺代わりになるような、ぎゅっと魅力が詰め込まれた箇所だと思います。

 

大サビ前Bメロ

再びセンターの橋本くんを4人が守る構図。かと思えばあれよあれよとフォーメーションが変わり、最終的に戸塚さんを先頭に5人が正面からみて斜め一列になっているので不思議。

この部分は5人が一節ずつ歌割りされたテンポの良い箇所なのですが、そのテンポの良さが振付でも表現されていると思います。それに、歌っているひとだけが他の4人とは別の動きをするようになっているので、誰が歌っているのかが一瞬にしてわかるのもすごい。

 

大サビ

そして大サビ。

正面からみてまっすぐ一列になった5人。

橋本くんが歌い出した途端に、彼以外の4人が左右に一歩踏み出すので、まるでモーゼのように橋本くんが現れる。

ジャ、ジャ、ジャン部分で音に合わせて肩を揺らすのが気持ちいい。「Black Sugar」全体として音ハメが多い印象。

橋本くん以外の4人はどんどん体勢が低くなり、「♪Black Sugar」で最終的に床を片手ですっとなぞったかと思うと、そのあともう片方の手で自分の頭をぐるっと撫でるのですが、このときの塚田僚一を!みて!!(大声)

 

「Black Sugar」のDance Clipだと、頭に手をもっていくとき、4人それぞれ顔の向きが違って個性が現れます。

五関さんは正面斜め下、河合くんは正面まっすぐ、戸塚さんは顔を右に傾けて斜め下なんですけど、塚田さんは!完全に左を向いているんです!!横顔なんです!! 

ねえわたしついさっき!! 塚田僚一の横顔が好きっていったよね!!?? もしかしてそれ聞いてた?! と錯乱してしまうくらいに完璧な角度。

 

ほんとにめっちゃくちゃセクシーなんです!!!!!(大声)

 

Mステでも大サビのこの箇所で、カメラが塚ちゃんひとりに寄っているので、ああ、きっとリハのときにここで塚田僚一ダダ漏れるセクシーさが見つかって、こういうカメラワークになったんだろうな……とわたしは確信しています。もうね〜〜半開きの口と表情のない瞳がすごくいいの〜〜!(CV:IKKO)

 

そして4人が立ち上がると、河合くんが歌いながら中央に飛び出て、その左肩に五関さんがうしろから片手を置き、ふたりで艶めかしく身体をくねらせる。そこに3人が寄ってきて五関くんの肩に手を置くと、5人いっしょに波打つようにリズムをとる。

YouTubeで観られる60秒SPOTだと大体0:20あたりですね。

youtu.be

 


無 理 

圧 倒 的 勝 利

絶 対 無 双

 

五関くんが河合くんの肩を押さえて床に沈める=エロい

河合くんが五関くんの手が添えられた肩のほうに流し目をする=エロい

戸塚くんが眠そうな目で「♪絡まってくカラメル」と歌う=エロい

塚田くんが顔をのけぞらせて首筋をあらわにする=激エロい

橋本くんが何もいわずにお兄ちゃんたちの近くに寄ってくる=超かわいい(ん?)

 

というわけでここの集まって波打つシーンだけでわたしはご飯3杯いける。ちなみにメイキングだと別角度からの様子が見れます。 ぜひメイキングと合わせて観てほしいなーーー!!! 初回盤Aだよ!!!!!

Black Sugar(初回限定盤A)(特典なし)

Black Sugar(初回限定盤A)(特典なし)

 

 

ラストのサビが終わるとイントロ部分の振付の繰り返しですが、最後はあの象徴的な、5人が絡んでつくる扇型で終わります。これを決めたのも五関さんとのこと。やれやれ、ただの天才だな。

 

メイキング 

先ほどからメイキングメイキングうるさいわたしですが、初回盤Aの特典として収録されているMVメイキングでは、メンバーそれぞれ、この曲の手応えとか、よろこびとか、楽しさとか、試行錯誤とか、この曲にかける意気込みとかが伝わってきてすばらしいんです。

もちろんわちゃわちゃもあるし、かわいいポイントを挙げればキリがないんですが、仕事人としてのアイドルが好きなわたしとしては、五関さんが語る振り付け秘話に大興奮したし、5人が話し合いながら進めるリハの様子とかが垣間見れてめちゃくちゃうれしかった。

 

あと、メンバーたちがこの曲にかなりの手応えを感じ、新しいA.B.C-Zを見せることを意識しているところにグッときました。

 

「とっつーとかはっしーは、ひとりのシーンでもダンスのシーンでも、これが100%の戸塚祥太、橋本良亮、っていうのが存分に出てる」

「俺が見たかったはっしーこれ!みたいな」

とファンのようにキラキラした目で語る郁人くん。

 

「やっとA.B.C-Zのセクシーさを出せる」

「早く世間に知ってほしかった」

「4人とも完璧」*1

と語る橋本くんの、みなぎる自信とこういう曲ができてうれしい!っていう喜び。

(ていうか喋る橋本くんを見ていると、わたし自然に微笑んでるんですよね…… こんな世の中に生きるわたしたちには、一世帯にひとり橋本くんが必要なのでは……?)

(あと橋本くんの言葉がめちゃくちゃ素直なのと、難しい言葉なんて全然使ってないのにいちばん的確に本質を突くコメントをしているところに、天才とはこのこと?という想いが芽生えてる)

 

「やりたかったこと」

「やってて楽しい」 

「今までがあるからこそ、今回、欲望のままを表現できてる」

「またドキドキさせたい」

とこれまでに想いを馳せつつファンの反応を楽しんでいそうな戸塚くん。

 

 

メイキングを観ていたら、メンバーの語る言葉に思い当たる節がありすぎて、自分がまんまとA.B.C-Zの策略にハマってることに気づきましたが、5人がほんとに自信をもって届けている楽曲だということがわかるので、

「刺さったよ! 策略にハマったよ! 見事にしてやられてる人間がここにいるよ!」

とむしろ大声で叫びたい気分。

 

彼らが満を持して発表した「Black Sugar」が、わたしみたいな他担に刺さり、実際少なくともひとりの新しいえび担が誕生している事実がめちゃくちゃうれしいんですよね。

このタイミングで自分たちが自信を持って送り出せる勝負曲が与えられたのも、とっつーが語るようにこれまで積み重ねてきた実績があるからだろうし、勝負曲のパフォーマンスにA.B.C-Zの本気がにじむし(特にMステはほんとにすごかったな。思わず放送終了後にMステに投書したくらいすごかった)、こんなの愛するほかない。

 

 

まあね、しかしね、何度も言いますがやっぱりとにかく圧倒的に顔が綺麗ですよね(しつこくビジュアルの話)

 

MVでホワイトA.B.C-Zの5人が笑みを交わすところなんて、あれ、天使かな?と思いますからね。五関くんは宮廷画だと思っていたけど、5人集うと宗教画だったね。

あと橋本くんに関しては舌先まで綺麗。健康そのものですばらしい(?)

それに全員髪型が最高。

とっつーのウルフっぽいもさっとした黒髪は、少年らしさと中性的な美しさを際立たせるし、ふみきゅんの長めの前髪と軽くウェーブがかかったセットは最高に美人だしセクシー。

おでこを見せるようにすっきりとセットされた五関さんは麗しいし、黄色みのあまりないグレーがかった金髪で、後頭部をすっきりと刈り上げた塚ちゃんは、髪型だけみればめちゃくちゃ爽やかなはずなのに表情がエロすぎるのでやっぱり背徳的だし、分厚めの前髪が目にかかった橋本くんはとにかくめちゃくちゃかわいいしめちゃくちゃかわいい(語彙力)

 

 

わたしが「Black Sugar」でA.B.C-Zに堕ちたのは、たぶん、これまでの〈元気!ハッピー!アクロバット!〉みたいなイメージから〈美人!セクシー!ダーク!〉というイメージへ、完全に塗りかえられたからだと思うんです。

そうですギャップ萌えです。

それに惹かれて近づいてみたら、今まで見えていなかったA.B.C-Zの魅力にどんどん気づいてしまった。そして本日は橋本くんの舞台、『良い子はみんなご褒美がもらえる』を観劇し、さらなる沼にハマってしまいました。

 

A.B.C-Zには、テレ東の「ABChanZoo」(毎週土曜日深夜1時15分)、NHKラジオ第一放送の「今夜はJ's倶楽部」(毎週火曜日夜9時5分)という5人全員が出演するレギュラー番組があり、さらにNHK BSプレミアム少年倶楽部」(毎週金曜午後6時)にも定期的に出演しています。

また、5人とも演技の活動も活発で、今は前述の橋本くんの舞台、来月から戸塚くんの舞台『BACKBEAT』と五関くんの舞台『奇子』が控えており、さらに外部舞台が多く往々にして会場が広めのため、一般発売でも、あるいは当日券も購入できる可能性が高めのようです。

それに、A.B.C-Zの音楽ソフトは初回盤が異常に豪華で、明らかに「実質タダ」なので、購入のハードルがめちゃくちゃ低い。ほら、みんな、「え、これ、タダじゃん!?」っていうの好きでしょ?(偏見)(しかし事実)

それに過去作品の初回盤が普通にアマゾンとかで買えるので、高騰している作品もあまり多くはないし、遅ればせながらもちゃんと公式の売上に貢献できている感覚が得られて良い。

 

さらに忘れてはいけないのはえび担の存在。

えび担さんたちは熱量がすごいんだ。めちゃくちゃ優しいんだ。

わたしのような新規がふと呟いたツイートにも丁寧に反応してくれたり、「一体どの作品を買えば?」「チケットはどうやって買えば?」「メンバーの呼び名は?」などという初歩of初歩な質問にも答えてくれるので、丸腰で沼に飛び込んだって全然大丈夫! わたしなんて丸腰どころか真っ裸だったから!(?)

わたしは、いちジャニーズファンとしてえび担を尊敬していますし、そんなえび担さんたちの名声に傷がつかないようにまっとうなオタクとして生きていこうと決意を新たにしています。

 

そう、もうお気づきだと思いますが、A.B.C-Zに関しては、思い立ったが吉日なのです。

ハマったけど現場がない……とか、テレビで見れない……とか、オタク怖い……という心配はない。

A.B.C-Zには、既に全てが揃っている。

だからこちらは安易に足を踏み入れて、安易に沼に落ちることができるんです。安心してください!

 

 

新規のわたしがいうのも本当に本当に本当におこがましいんですが、わたしはA.B.C-Zはもっともっと売れてしかるべきだし、ドームクラスの大きな会場を埋めてしかるべきグループだと本気で思っている。

正直、FCの番号を見たときには、想像よりだいぶ番号が若くて驚いたんです。

もしかしたら、A.B.C-Zのアットホームな雰囲気を愛するかたや、あまりグループが大きくなりすぎてチケットが取りづらくなるのもなあ、と思っているかたもいるのかもしれない。その気持ちもめちゃくちゃわかります。

でもそこは本当に申し訳ないんですが、わたし個人として、A.B.C-Zには、もっと大きくなってほしい、ドームの景色をみせてあげたい、という欲望が止まらないんです。 

だってさ!!! だってこんなにかっこいいのに!!! まだ6万5000人しかそれを知らないなんて!!! あまりにもったいなさすぎるよ!!!!

 

 

橋本くんは「Black Sugar」について、「ジャニーズタレントのファン全員に観てほしい! 百発百中で刺さる!」と力強く断言していましたが、わたしも完全同意です。(本日2度目)

「Black Sugar」は、ビジュアル、曲、パフォーマンス…どれもが、これまでの一般的なA.B.C-Zのイメージを覆してしまうほどの力をもっています。

とりあえず、「Black Sugar」をどれか1枚でも買えば、10周年記念サイトで有効のシリアルナンバーがひとつ付いてきて、それを使えば〈Z賞〉として「Black Sugar」のDance Clipが視聴できるので!! Mステを見逃したかたも視聴していただけますので!!

 

どうか!!!

わたしのように!!!

軽い気持ちで!!!

「Black Sugar」を!!!

手に取ってください!!!!!

 

 

 

A.B.C-Z

いいぞ

 

ぜひみんなでいっしょにA.B.C-Zを応援しましょう。そして10周年のドーム公演でハイタッチしましょう(言霊)

ファンクラブ入会はこちらから!!!!!

*1:そのあとに問題の「俺はまだ赤ちゃんだけど」が飛び出すわけですけどね(かわいすぎ)