ポップカルチャー偏愛記

なんだかんだで結局J-POPにどっぷり浸かり救われながら日々を送る30歳の、切々たる日々に触れるすべてのポップカルチャー(主にジャニーズ)についての記録

少クラで「TAMER」を見て、いよいよジャニーズWESTから目が離せなくなったと悟ったわたし

先日書いたとおり、ジャニーズWESTというグループがどうも最近気になってしょうがないわけですが、

彼らのことを気になっている、としっかり自覚してからはじめての少クラを見て、わたしはこれは「気になっている」どころではなく完全に心を奪われたと感じました。
 
 
だって…TAMER……!!
 
アルバム聴いてるときからかっこいい曲だなと思っていたけど、実際に歌っているのを見ると100倍増しでかっこよかった。
 
中間くんの、サーカスの団長感のある衣装も最高に似合ってる。髪型にもあってる(個人的にはサラサラタイプの髪型は好きじゃないんですけどいい)。
そしてWESTの祝祭感に注目しているわたしからすると、「サーカス」という新たなコンセプトにさらにはっとしました。
ここまで「サーカス感」があるグループもいないよね。しかもジャニストの場合、サーカスのキラキラした面だけじゃなく、ダークな面もなぜか感じさせます。(主に鞭のせいかな)
それにしてもイケメンに鞭を持たせるのって、完全に反則だと思いますけどそこんとこどうですかみなさん。
 
いやあ、これぞ完全にTAMER。わたしもtameされたい。別にMっ気ないけどされたい(聞いてない)
 
で、中間団長も最高にいいんですが、なんだよあのサーカス団の動物たち……あかん……わたし喰われるかと思ったよ……
あれですね、たまりませんね。
わたしはこの二頭に殺られましたが、他のみなさんも素晴らしく素晴らしかったです。(もう言葉にできない)
 
 
というわけでジャニストは愉快なだけじゃなくてしっかりかっこいい(そしてしっかりエロい)ということを認識しました。
先日の記事へのコメントで、「ジャニストは結構野心を秘めてる」と教えていただいたんですが(まろまゆさんありがとうございました!)、さっそくギラギラ感の片鱗を見せていただいたような気がします。
恐るべしジャニーズWEST。ほんと末恐ろしいです。これから我々に何を見せてくれるんでしょうか。期待してます。
 
 
ちなみにそのあとのA.B.C-Zさんにしっかり癒されたことも念のため記しておきます。
(「花言葉」、衣装は安っぽいが曲超好き)
 
ここまで幸福感しかない画面って存在するんだね……きっと春を具現化したらこんな感じになるんだろう……
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花言葉/A.B.C-Z(通常盤) [DVD]

花言葉/A.B.C-Z(通常盤) [DVD]